九州各県及び山口県で、小型ボート免許・水上バイク免許の小型船舶免許と大型船舶の免許資格の取得更新講習
本部
083-266-4029
【営業時間】9:00~18:00

海技免許講習

海技士の免許を受けるためには、「海技士国家試験」の合格に加え、免許の区分に応じた「海技免許講習」を修了することが必要です。
「海技免許講習」は、「海技士国家試験」を受験する前でも受講することができます。

資格 必要な講習
1・2級海技士(航海/機関) 受講の必要はありません
3級海技士(航海) 救命、消火、航海英語、上級航海英語、レーダー観測者、レーダーARPAシミュレータ
3級海技士(機関) 救命、消火、機関英語、上級機関英語
4級・5級海技士(航海) 救命、消火、航海英語、レーダー観測者、レーダーARPAシミュレータ
4級・5級海技士(機関) 救命、消火、機関英語
6級海技士(航海) 救命、消火、レーダー観測者
6級海技士(機関) 救命、消火
1〜3級海技士(通信) 救命、消火
1〜4級海技士(電子通信) 救命、消火

料金

レーダー観測者
15,000円(税込)
  • 教本:500円
  •  
救命
38,000円(税込)
  • 教本:920円
  • H29年3月以降(新料金)
消火
9,000円(税込)
  • 教本:480円
  • H29年3月以降(新料金)
レーダーARPAシミュレータ
37,000円(税込)
  • 教本:500円
  •  

航海英語
9,000円(税込)
  • 教本:1,600円
機関英語
9,000円(税込)
  • 教本:1,030円
上級航海英語
35,000円(税込)
  • 教本:1,600円
  • 4級海技士以下受有者は
  • 26,000円
上級機関英語
30,000円(税込)
  • 教本:1,030円
  • 4級海技士以下受有者は
  • 21,000円

講習時間

9時00分~17時00分頃まで(8時45分まで集合)

必要書類

受講申込書 1通(当センター所定のもの⇒こちら)
写真 2枚(3.0㎝×3.0㎝)

 

申し込み方法

① 当センター所定の受講申込書(⇒こちら)を講習開始10日前までに提出して下さい。(FAX可)
② 講習申し込み後、早めに写真を当協会まで送付してください。 ※申込締切日:講習開始10日前まで。(FAX可)

講習日程

2019年5月コース

レーダー観測者 16~18日
救命 14~15日
消火 13日
レーダARPAシミュレータ(1班)23~24日 (2班)25~26日
航海英語 20~21日 機関英語 16~17日

※レーダARPA:1班 23~24日は定員に達しました。

2019年6月コース

レーダー観測者 27~29日
救命 24~25日 消火 26日

 

2019年8月コース
(★)

レーダー観測者 8~10日
救命 5、6日 5、7日 消火 7日、6日
レーダARPAシミュレータ(1班)18~19日 (2班)20~21日
  (3班)22~23日(4班)26~27日

航海英語 16~17日、29~30日 機関英語 8~9日

★2019年8月は、SECOJ主催の4~5級海技士研修の受講者のみ、講習料は無料です。

※レーダARPAシミュレータ:(1班)18~19日,(2班)20~21日は定員に達しました。

2019年10月コース

レーダー観測者 14~16日
救命 10,11日、10,12日 消火 12日、11日

 

2019年12月コース

レーダー観測者 12~14日
救命 9~10日 消火 11日
レーダARPAシミュレータ 19~20日
航海英語 16~17日

 

2020年2月コース

上級航海英語 17~28日

※上級英語は、4級海技士以下を受有して受講する場合は、最初の2日間の受講は免除となります。

2020年3月コース

レーダー観測者 12~14日
救命 9、10日 9、11日 消火 11日 、10日
レーダARPAシミュレータ 18~19日 、20~21日
航海英語 16~17日 機関英語 12~13日

 

(重要!)救命講習

※救命講習を受講される方は、必ず事前に申し込み用紙健康状態申告書をFAXや郵送で提出して下さい。
当日体調不良等で実習を受けられなかった場合は、講習の修了となりません。再度、最初から受講していただきます。その際、講習料は返金しませんのでご了承の上、受講して下さい。
救命講習:2日目の実技は、実習場(北九州市戸畑区の日本サバイバルトレーニングセンター NSTC)で実施致します。
移動交通費は自己負担(JR下関駅⇒JR戸畑駅 ¥390)です。
※室内温水プールで水中への飛び込みから膨張式救命いかだへの乗艇、専用岸壁での全閉囲型救命艇への乗艇等を行います。
※現地にてセンター常備の実習服に着替えて実施します。訓練生用のシャワールーム、脱衣場等も完備しております。
☆水着とタオルは持参して下さい。
プール実習では、安全対策上、コンタクトレンズは使用できません。眼鏡をご持参下さい。

 

注意事項

① レーダーARPAシミュレータ講習の定員は6名です。申込み順ですので、定員を超えた場合は日程が延びる可能性があります。
② 上級航海英語、上級機関英語講習は、4級、5級海技士資格の免許受有者の場合は、上級英語講習(航海・機関)の初めの2日間が受講免除となり講習料が減額されます。
③ レーダー観測者・レーダーARPAシミュレータ講習を受講される際は、【三角定規、コンパス、デバイダー、電卓(簡易なもの)】を持参してください。
④ 航海英語・機関英語・上級航海英語・上級機関英語講習を受講される際は、【英和辞典】を持参してください。

その他情報

①講習料について 当講習の講習料は、分割納付はできません。講習開始までに現金又は、郵便振込(当協会専用用紙)にてお願いします。
全日本海員組合の組合員の方受講料及び交通費の補助制度があります。詳細はJSSこちら
②講習期間の宿泊について
宿泊施設は下記の通りご案内しますが、ご予約等はご自身でお願いします。
宿泊施設のご案内

お申し込み

関門海技協会 本部:083-266-4029 FAX:083-266-7249
【営業時間】9:00~18:00(休業日/日曜日・祝日)